NEXTmobile(ネクストモバイル)を実際に契約して検証!契約方法/口コミ/公式サイト/端末/速度まとめ

2018年9月9日

こちらはネクストモバイル(NEXTmobile)の申し込み方法や口コミ、レビュー、端末情報などをまとめている解説サイトです。

お知らせこちらはネクストモバイルの解説サイトです。実際のお申し込みやお問い合わせは公式サイトまでお願い致します。

モバイルWiFiルーター/格安SIMのネクストモバイル(NEXTmobile)の申し込み方法や口コミ、レビュー、端末情報などをまとめています!月額定額のソフトバンクMVNO、ネクストモバイルの一番詳しいレビューサイト!

このページでは以下の項目で解説しています!これから契約を考えている方はぜひ参考にしてください!

ネクストモバイルとは?

ネクストモバイルはソフトバンクのMVNOとしてサービスを展開してるモバイルWiFiルーターのサービスです。

MVNOってなに?
MVNO(仮想移動体通信事業者)とは、ドコモやauといった大手の通信事業者から回線や設備を借り受けてサービスを展開している事業者のことを指します。自社で回線設備を用意する必要がないため、低コストでサービスを行うことができ、格安SIMのほとんどもこのMVNOに当たります。(ほとんどがドコモもしくはauのMVNO)

分かりやすい料金プラン

ネクストモバイルの料金プランは3つです。毎月のデータ通信量から選択することができ、利用する環境に合わせることができるのがメリットです。

30GBのプランのみですが、こちらは格安SIMやモバイルWiFiルーターでも珍しく口座振替での申し込みも可能になっています。

緩い通信制限

毎月の月間使用量は20GB、30GB、50GBから選択することができ、格安SIMやモバイルWiFiルーター(WiMAXなど)でよく見られる、3日で3GBの制限や、月7GBといった制限もないため、仮に使いすぎてしまってもすぐに制限が掛かるということもないため安心して利用することができます。

なお通信制限が掛かった場合は128Kbpsに制限されてしまい、翌月まで解除ができないため、その点だけは注意する必要があります。とはいえ、すぐに通信制限が掛からない点はメリットと言えるでしょう。

申し込みは口座振替も可能!

30GBのプランのみですが、ネクストモバイルは口座振替(銀行引き落とし)での契約も可能です。多くのWiFiルーターや格安SIMがクレジットカードでしか契約できないなか、どうしても口座振替で支払いをしたいという方には数少ない選択肢の一つとなるでしょう。

人気端末を選べる!

ネクストモバイルでは、現在、モバイルタイプのWiFiルータータイプと、ホームルータータイプの2つから選択することができます。

両方ともSIMフリーの端末として端末だけでも購入できるものですが、WiFiルータータイプは現行端末の中でもバッテリー持ちがよく、感度もよいバランスの取れた端末になっており、また家庭用のホームルータータイプについては持ち運びはできませんが、コンセントにつないだまま使用することができるSIMフリーとしては比較的珍しい端末となっています。

幅広い人口カバー率

ネクストモバイルは、ソフトバンクの回線を使用しており、その人口カバー率は約99%と、よほどの過疎地や山奥に行くような場合でなけば概ね問題なく使用できます。ソフトバンクの携帯電話を使ったことがある人であれば、エリア状況もそのままなので安心して契約することができるのもメリットでしょう。
また、WiMAXと比べても電波の性質として建物の奥でも電波が比較的入りやすいという特徴があり、この点もメリットのひとつと言えます。

十分な通信速度

ネクストモバイルは、理論上の下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsという通信速度になります。

最近のモバイルWiFiルーターや格安SIMを見てみると、理論上、下り最大700Mbpsを超えるようなサービスも登場していますが、実際のところこういった数値はあくまで規格上の数値であり、そのような数値が出ることはありません。

実際に契約した端末で通信速度を測ってみると、時間帯や混雑具合にもよりますが、概ね下りで平均10~30Mbps程度、上りで平均5Mbps~15Mbps程度の速度となります。

サービスによっては、状況次第で実測100Mbps超を記録することもありますが、普通に使う分にはこのような速度はまず必要ありません。

ネットサーフィン程度であれば0.5Mbps程度出れば十分で、YouTubeやその他の動画サービスでも、おおよそ1Mbps程度あれば問題なく再生可能です。(通信制限された場合の速度が一般的に128Kbps、つまり0.128Mbpsということになります)

違いが出るとしたら大容量のファイルのやり取りといった場合であり、そういった場合はむしろ光回線などをオススメします。

 

Posted by adminmobile


現在の閲覧者数: